« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月27日 (木)

スミソニアン博物館

Uコンをお休みして生涯に一度は行ってみようと思っていたスミソニアン博物館に行ってきました。

二日続けて通い一通り見ることができました。少し離れたところに別館があり、そちらのほうがたくさんの飛行機があるらしいですが、今回は行きませんでした。そのうちチャレンジするかな?
Washington2014nov_020
 

格安航空券と格安ホテルの貧乏旅。ホテルは昔のアパートを転用した感じ、部屋は半地下で窓もなし。
Washington2014nov_007Washington2014nov_009

ワシントンDCの町も散歩し、有名な観光スポットも見てきました。
中心街には高層ビルなどがなく、昔の風景を保っている感じ。
移動はすべて徒歩だったのでかなりの歩数を達成しました。
Washington2014nov_014Washington2014nov_016

つづく・・

| | コメント (0)

2014年11月18日 (火)

Hallmark #6

ロウ付けの道具を購入して何とかくっつけてみました。
きれいにはできませんでしたが、強度的には持つと判断。
尾翼重量も合格点ということにしよう・・
008011

 
フラップホーンも取り付けようとしたところで、フラップの材質が気に入らず作成しなおし。
材料はむか~し岡田さんが作りかけた機体のフラップ。
フィルムまで貼ってあったのをはがし、大きさを変更、厚みを薄く削り、長さが足りないのは継ぎ足した。
翼端も角の丸い四角に整形。
004001
 
次は主翼と胴体を接着。最も緊張する工程ですが、ほかにやることがなくなったので…
013

つづく・・・

| | コメント (0)

2014年11月11日 (火)

Hallmark #5

ぼちぼちと主翼に取り掛かる。
フォーム翼でほとんど出来上がっているので、ベルクランクを取り付け、中央でつなぐだけでほぼ出来上がり。
ベルクランクは墜落した(墜落させた)飛行機から外したものを再利用…
004_2001_2 002005_2

翼端はありあわせのブロック材を張り合わせて所定の大きさにして削り出し。
001004

尾翼はつながった状態で届いたので、ヒンジとホーンをつけるだけ。
しかしここで問題発生。
取付け部の幅に合わせてピアノ線を曲げようとしたら折れてしまった。
しかも両方。
しょうがないので鉄板部分だけを取り外し。
ロウ付けはあぶっても取り外せず、やすりとポンチでたたいて取り外せました。
あとはあらかじめ曲げたピアノ線にロウ付けするのですが、やったことがないので初めてのチャレンジ…
005007012013
つづく・・・

| | コメント (0)

2014年11月 6日 (木)

Hallmark #4

そろそろ主翼に取り掛からなければなりませんが、図面の真四角な翼端の形が記憶にある印象と違う(そもそもかっこ悪い・・)。
PAMPAの図面はどうも信用できない気がして、Uコン技術誌をひっくり返してみました・・・

・・ありました。76年の世界選手権に出場していました。
角が円い四角・・といった感じでしょうか。
006 007 008

Uコン技術をあさっている間にこの機体の記事も見つけました。
ペンネームでの投稿でしたが、田舎から出てきた直後にお世話になりました。
自宅にお邪魔した時に壊れた機体を見せてもらったのを覚えています。
よく見ると時計回りに飛行するように作られています。
左利きだった作者はそれまで通常の反時計回りの機体を飛ばしていましたが、だれかから「左利きは時計回りがよい」とそそのかされ(?)て、製作したと聞きました。
いきなりと飛ばして墜落大破したようです。
今思うに、この機体もHallmarkのイメージで製作したのではないでしょうか。
009

つづく・・・

| | コメント (0)

2014年11月 2日 (日)

Hallmark #3

ぼちぼち進行中…・
翼取れは前縁側は同枠止め、後縁側は増田式。

004

胴体はいつものようにバルサブロックで成形。
これまたいつものようにありあわせのバルサなので、軽いものが無い・・
009
エンジン回りはこんな感じに。このマフラーでうまく回るかどうかはチャレンジ。
014
とりあえず胴体はこのあたりまで。あとは主尾翼ができてからかな…
016
つづく・・

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »